ピンク農法(光変換光合成促進農法)
よくある質問

ピンク農法にはどのような効果があるのですか?
有害な紫外線を減少させ、植物の育成に有効な赤色の光を多くすることで植物の光合成を促進します。
光合成が促進することで、元気でおいしい野菜が育ちます。
また、作業者の日焼け防止、ビニールハウス内温度・地中温度上昇の抑制等、作業環境の改善にも役立ちます。

期待される効果としては:

◎成長促進による、早期収穫と収穫量の増加
◎より高度な農作物有機栽培が可能に
◎農作物特有の機能性サプリメントの増量(機能性食材の誕生)
◎減農薬栽培による農作物安全化への転換
◎グリーンハウス栽培に使用する石化燃料の消費節約
◎果樹の鳥害による被害と減収防止 などがあります。

どんな作物でも生長しやすくなるのでしょうか?
今までの実験結果から、イチゴやリンゴ等の果実については1割程度糖度が増し、大きさも1~2割大きくなっています。トマトや大根、小松菜についても効果が見られています。下記表が実験の結果です。
実験結果

花の栽培にも効果がありますか?
はい、花の栽培にも効果的です。
どのタイミング(栽培前・栽培後)でシートを設置するのが良いのでしょうか?
パイプハウス方式であれば、種まきまたは苗を植える時からが好ましいです。露地のトンネルも同じく、種まきの段階からの使用が好ましいです。
設置に最適な季節はありますか?あるとしたらいつですか?
一年を通していつでも問題ありませんが、効果が出やすいのはやはり冬かと思われます。夏場は換気や水やりのためにネットを使用するのも宜しいかと思います。
ピンクフィルムを使用した場合のビニールハウスの耐用年数は?
地域や気候条件によって異なりますが、平均して3年は持つと思われます。
参考ですが、一般的なフィルムは被覆材質によって耐用年数が異なります。下記表を参考にしてください。
表
※地域性・気象条件・天災等によりこの限りではありません。
ビニールハウスで石油ヒーターなどを使い、加温栽培を行っています。
ビニールをピンクシートに変えると暖房代は安くなるのでしょうか?
日照時間が短くても、断熱効果が高いため、昼間上がった熱が温存され温度が長く保たれます。
そのため、暖房の必要な時間が短くなり、結果として暖房代は安くなると思われます。

 

 

|Home|インフォメーション|ピンク農法データ|メディア情報|お客さまの声|よくある質問|会社概要|個人情報について|お問合せ|